/

首相、別姓反対の丸川氏擁護 衆院予算委

菅義偉首相は1日の衆院予算委員会で、選択的夫婦別姓制度の導入に反対する文書に名前を連ねていた丸川珠代男女共同参画担当相の起用は失敗だったとする野党の指摘に反論した。「個人としてさまざまな考え方を持つのは当然だ。政府の一員として遺憾なく能力を発揮してほしい」と述べた。

丸川氏は、制度導入に賛同する意見書を地方議会で採択しないよう求める自民党有志の文書に参加。文書の送付先は47都道府県議会議長のうち、自民所属の約40人に上ることが判明している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン