/

首相、山田広報官辞任を陳謝 対応後手「そう思わない」

山田内閣広報官の辞任を受け、報道陣のインタビューに臨む菅首相(1日、首相官邸)

菅義偉首相は1日、同日の山田真貴子内閣広報官の辞任を巡り陳謝した。「国会審議の極めて重要な時期にこうした事態に至り、国会はじめ皆様方にご迷惑をおかけしたことを大変申し訳なく思う」と述べた。対応が後手に回ったかは「私はそのようには思っていない」と語った。

後任人事に関しては「現在検討中だ。業務に支障を来さないようにできる限り早く決定したい」と言及した。「山田氏は行政経験が豊かで前首相の広報の秘書官もやっていた。そういう意味で期待し任命した。辞任されるのは大変残念だ」とも話した。首相官邸で記者団に答えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン