/

茂木外相「重大な懸念」 ミャンマー情勢に談話 

茂木敏充外相は1日、ミャンマー国軍によるクーデターに関して「重大な懸念」を表明する談話を発表した。拘束されたアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相ら関係者の解放を求めた。

「日本政府はミャンマーの民主化プロセスを強く支持してきており、これに逆行する動きに反対する」と指摘した。「民主的な政治体制が早期に回復されることを改めて国軍に対し強く求める」とも訴えた。

在外邦人の被害情報はないと明記した上で「邦人の安全には最大限の注意を払っていく」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン