/

この記事は会員限定です

自民・松本氏ら3人離党 「銀座の夜」で引責 

(更新) [有料会員限定]

自民党の松本純元国家公安委員長、大塚高司国会対策副委員長、田野瀬太道文部科学副大臣は1日、党本部で二階俊博幹事長に離党届を提出した。二階氏が同日午前に離党勧告したのを受けた対応で、二階氏は受理した。3氏は緊急事態宣言中の夜に東京・銀座の飲食店を訪問していた責任を取った。

松本氏はこれまで銀座の飲食店を1人で訪ねたと説明していた。二階氏と会談後、記者団に「実は後輩議員2人と訪問していた」と明かした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン