/

この記事は会員限定です

政府・与党で辞任ドミノ 「銀座の夜」問題、衆院選に影

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

緊急事態宣言中の夜に与党議員が東京・銀座の飲食店を訪れた問題が辞任ドミノに発展した。菅義偉首相は1日、自民党の松本純氏と同席していた田野瀬太道文部科学副大臣を更迭した。田野瀬氏と大塚高司国会対策副委員長は役職を退き、松本氏を含む3氏が離党した。

公明党の遠山清彦氏は議員辞職となった。世論の反発を踏まえた自公執行部の対応は後手に回った。厳しい措置に転じて収拾を狙ったものの、衆院選への影響は避けられそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン