/

この記事は会員限定です

債務残高「コロナ前」の1割増 21年度予算案の年度内成立確実に

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策関連費用を盛り込んだ2021年度予算案は2日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決、20年度中の成立が確実になった。100兆円を超える過去最大の予算案で国債発行額も増えた。長期債務残高はコロナ対策を積み増す前に比べ1割増加する見通しだ。

3日からは参院予算委員会に論戦の舞台が移る。2日の衆院予算委では与野党ともコロナ対策への十分な予算措置を巡る議論が相次いだ。財政健全化への目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン