/

この記事は会員限定です

共産党の「物語」に光と影 民主主義、正義示せるか

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国共産党の創立100年の式典に向け、首都・北京は「初心を忘れず使命を胸に刻め」など紅(あか)い布に白字で書いたスローガンがあふれ、お祭り気分にわいた。

中国ではいま、共産党革命の足跡を訪ねる「紅色旅行」も大ブームだ。人々は「聖地」で紅い小旗を持ち、喜んで記念写真におさまる。

厳しい統制があるとはいえ、中国人の多くはすでに世界有数のハイテク都市で暮らし、海外の情報も得ている。それでも共産党がこうし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン