/

河井元法相の議員辞職を許可 衆院

東京地裁に入る河井克行被告(3月23日)=代表撮影

衆院は1日の本会議で無所属の河井克行元法相(衆院広島3区)の議員辞職を許可した。辞職に伴う補欠選挙は実施せず、秋までの次期衆院選に統合される。

河井氏は2019年参院選を巡る買収事件で公職選挙法違反の罪に問われ、3月に東京地裁であった被告人質問で買収行為を認めた。

衆院の新たな会派別勢力分野は次の通り。

自民党・無所属の会278▽立憲民主党・無所属113▽公明党29▽共産党12▽日本維新の会・無所属の会11▽国民民主党・無所属クラブ10▽無所属10▽欠員2

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン