/

この記事は会員限定です

検察改革、文政権の誤算 韓国大統領と総長対決は延長戦

(更新) [有料会員限定]

ジェットコースターのような急展開が繰り返される。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権から停職2カ月の懲戒処分を受けた検察総長が裁判所の判断で一転、職務復帰を決めた。2代にわたる革新系政権と検察の争いはまだ続いている。

「もう失敗しない。必ず成功した大統領になる」。2017年5月、就任したばかりの文氏は、盟友だった盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の没後8年の追悼式でこう誓った。

盧氏が在任中に挑みながら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン