/

ワクチン接種後、副作用で死亡に4420万円 厚労相

田村憲久厚生労働相は19日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後に副作用などで死亡した場合、一時金で遺族に4420万円を支払うと説明した。他の予防接種でも死亡時に一時金を支払う制度があり、コロナのワクチン接種にも適用する。医療機関の過失の有無にかかわらず支払う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン