/

この記事は会員限定です

ネット広告、寡占加速も Googleが閲覧追跡の制限強化

[有料会員限定]

インターネット広告が転機を迎えている。プライバシー重視の方針をいち早く示した米アップルに続き、米グーグルも個人のネットを通じた行動を追跡する技術の使用や開発を制限する方針だ。消費者のプライバシー意識の高まりに応える効果が見込める一方、技術力が高い大手による寡占が強まる懸念もある。

「世界の消費者の81%が企業の個人情報の取り扱いに対する懸念を強め、48%はプライバシーへの不安から商品やサービスの購...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り744文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン