/

この記事は会員限定です

上値重いポンド 英ワクチン、通商問題など懸念多く

[有料会員限定]

外国為替市場で英ポンドの対ドル相場が頭打ちとなっている。新型コロナウイルスワクチンの先行接種による英経済回復への期待からこれまでポンド買いが目立ってきたが、英製薬大手アストラゼネカ製のワクチンの安全性への懸念が水を差した。英領北アイルランドへの食品移送を巡り欧州連合(EU)が英国に法的措置をとるなど、EU離脱に伴う通商面でのデメリットにも、投資家から改めて厳しい目が向けられている。

ポンドは2月2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン