/

この記事は会員限定です

ビットフライヤー、2年で3度目の社長交代 迷走する経営

(更新) [有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)交換業を傘下に持つビットフライヤーホールディングス(HD、東京・港)の経営が迷走している。30日夜に三根公博社長が退任すると発表。トップ交代はこの2年で3度目となる。2018年1月のコインチェックによる仮想通貨の巨額流出事件以降、金融庁の意向が強く企業統治に反映されてきたが、創業者である加納裕三氏を外す人事が裏目に出ている。

「代表取締役の職を辞したい」。株主総会前日の29日夜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン