/

この記事は会員限定です

世界市場、コロナ後先取り 実態経済とは乖離も

金、ドル安受け最高値 原油は初のマイナス価格

[有料会員限定]

2020年の金融市場は新型コロナウイルスで大きく揺れた。世界の主要な資産のうち最も上昇したのは銅で、最大消費地の中国の景気回復期待が高まっている。米ダウ工業株30種平均は初めて3万ドルを突破した。ワクチン開発の進展など新型コロナの感染収束を前のめりに織り込んでおり、実体経済との乖離(かいり)も広がる。

世界景気を先取りする「ドクター・カッパー」の異名を持つ銅は1年間で27%上昇した。いち早く新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン