/

この記事は会員限定です

世界の関心は30年目標に 脱炭素へ痛み伴う改革も

(更新) [有料会員限定]

日本が2050年の温暖化ガス排出量実質ゼロに向けてようやく動き出す。日本の脱炭素政策は東京電力福島第1原子力発電所事故以降、10年近く停滞した。国は再生可能エネルギーや水素技術を基幹に据えた戦略を打ち出した。脱炭素と経済成長の両立に向けて大きくかじを切ったことは評価できる。

50年への目標だけでは安心できない。世界の目は既に30年に向いているからだ。英国は30年時点で温暖化ガスを1990年比68%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン