/

この記事は会員限定です

カザフスタン、大統領が基盤固め 騒乱で「脱・国父」

[有料会員限定]

中央アジアのカザフスタンでトカエフ大統領が権力基盤を固めているもようだ。同国ではナザルバエフ前大統領が実権を握っていたが、1月上旬に始まった市民らによる政府への抗議活動を巡る騒乱のなかで同氏や親族が政府、企業の要職を退いた。ナザルバエフ氏は「引退」を表明し、トカエフ氏は格差縮小に向けた改革を約束したが、先行きは不透明だ。

燃料価格の上昇をきっかけに1月上旬、カザフ西部の都市で始まった抗議デモはま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン