/

この記事は会員限定です

米欧と中国、制裁の応酬 ウイグル問題が通商波及も

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国の少数民族ウイグル族の人権問題を巡る米欧と中国の対立が通商にも波及する可能性が出てきた。約30年ぶりの対中制裁に踏み切った欧州連合(EU)では、中国と大筋合意した投資協定の批准に不透明感が強まる。米欧では民間企業にウイグル関連取引の停止や削減を求める動きが広がる。グローバルに展開する日本企業も対応を迫られ始めた。

米欧は22日、ウイグル族の人権侵害を巡って中国政府当局者らへの制裁を相次いで発表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1814文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン