/

この記事は会員限定です

持ち運びできるコロナ患者の簡易「隔離室」 久保製作所

[有料会員限定]

環境衛生機器の久保製作所(和歌山県紀美野町)は、鳥取大学と共同で簡易隔離室を開発した。持ち運びが可能なテント形式で、ウイルスや細菌が外部に流出しないように内部の気圧を低くする「陰圧室」を再現できる。新型コロナウイルスの患者が増加し病院の隔離室が不足するなか、病院や介護施設などでの需要を見込む。

感染症治療には、室内の気圧を室外よりも低くし汚染された空気を逃さないようにする陰圧室が必要となる。ただ病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン