/

この記事は会員限定です

ドイツ銀、日本で環境融資拡大 九州の太陽光発電に73億円

[有料会員限定]

ドイツ銀行は日本国内で再生可能エネルギー開発の資金支援を強化する。ドイツ銀による短期融資と機関投資家からの長期融資とを組み合わせ、まずカナダの再生エネ大手AMPによる九州の太陽光発電所開発に73億円を提供する。今後、国内での再生エネ開発が増えるとみて、積極的に取り組む方針だ。

AMPは九州で発電容量が20メガワットの大規模太陽光発電所を取得。この取得費用の73億円をまずはドイツ銀がつなぎ融資として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン