/

この記事は会員限定です

米「高圧経済」に歴史の警鐘

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

新型コロナウイルス危機の収束をめざすバイデン米政権下で財政・金融政策のフル動員が続く。

3月、1.9兆ドル(約200兆円)の経済対策が成立し、イエレン財務長官は「2022年には完全雇用に回復する」と唱えた。続くインフラ投資の計画は「米国雇用計画」と銘打った。米連邦準備理事会(FRB)は23年末までゼロ金利を続ける姿勢を崩さず、パウエル議長は「雇用改善を追求する」と意気込む。

明言こそしないが、イエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2008文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン