/

この記事は会員限定です

データで見る日経平均 30年半ぶり3万円台

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

15日の東京株式市場で日経平均株価が3万0084円で取引を終え、1990年8月以来30年半ぶりに3万円の大台を回復しました。

30年前に日経平均が3万円だった時の時価総額トップはNTT。上位には金融機関が並んでいました。2002年にトップにたったトヨタは、その後20年近くトップを守っています。足元では上位10社に金融機関が1社もなく、日本株のけん引役は様変わりしています。

世界の中で見ると日本企業の存在感は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン