/

この記事は会員限定です

アートや音楽、デジタル資産に 「希少性」がバブル呼ぶ

ブロックチェーン技術で

[有料会員限定]

デジタルコンテンツへの投資が熱狂に沸いている。ブロックチェーン(分散型台帳)技術により、アートや音楽などを世界で一つしかないデジタル資産に変換。希少性が高いとして個人らが投機の対象としている。価値があるのか怪しいものも高値で取引され、バブルの様相を呈している。

米ツイッターの創業者、ジャック・ドーシー氏が2006年に初めて投稿した「just setting up my twttr」(自分のtwttrを設定中)。このツイートが22日、291万ドル(約3億円)で落札された。

競売されたのは「非代替性トークン(NFT)」と呼ばれるデジタル資産だ。NFT発行の支援会社のサイトを通じコンテンツをブロックチェーン上で発行することで、唯一無二であることを証明する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン