/

この記事は会員限定です

危機予算、国債残高1000兆円時代 米でインフレ警戒も 

[有料会員限定]

政府が21日に閣議決定する2021年度当初予算案は3年連続で100兆円を超える。リーマン・ショックなど危機の度に国の予算は膨らみ、21年度も景気を支えるために補正予算の編成が見込まれる。新型コロナウイルス危機後をにらみ、米国ではインフレへの警戒感も急浮上した。積み上がる日本の公的債務の新たなリスクにもなる。

政府は21年度予算案の一般会計歳出総額を106兆6千億円程度とする方針だ。コロナ対策で予備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン