/

この記事は会員限定です

攻める企業の見切り千両 新陳代謝を恐れるな

本社コメンテーター 梶原誠

[有料会員限定]

パナソニックが7000億円を投じ、米ソフトウエア大手のブルーヨンダーを買収しようとしている。実現すれば今年を代表するビッグディールだろう。だが、M&A(合併・買収)の関係者が今関心を高めているのは、買いが誘発する「売り」の方だ。

パナソニックとしては過去最大級の買い物になる。「松下銀行」とかつて言われた強固な財務でないのは、報道後に資金負担への懸念で株安に振れたことでも明らかだ。事業の新陳代謝を進めるためにも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

梶原 誠

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン