/

この記事は会員限定です

米ネット広告寡占にメス 10州がGoogle提訴、独禁法違反

[有料会員限定]

米グーグルの収益の大半を占めるインターネット広告事業に司直の手が伸びた。テキサスなど米10州の司法長官が16日に反トラスト法(独占禁止法)違反の容疑で提訴し、競争回避に向けた米フェイスブックとの「密約」を追及する方針だ。一方、グーグルは広告手数料のつり上げなどの疑惑を否定し、徹底抗戦の構えを示している。

「(野球の)投手、捕手、打者、そして審判をひとりで兼務しているような状態にある」。提訴を主導し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン