/

この記事は会員限定です

独でファーウェイ排除に道 5G機器で法案、名指し回避

(更新) [有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル政権は16日、次世代通信規格5Gの構築に向けたIT安全法案を閣議決定した。5G網構築のための機器に対する検査を厳しくし、サイバー攻撃などに対する安全性を高める狙いがある。中国の通信機器最大手、ファーウェイ(華為技術)を名指しで排除することは避けたが、重要部品に同社製品を使うことはかなり難しくなるとの見方がある。

5G網へのファーウェイ製品の採用を巡っては、機密情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン