/

この記事は会員限定です

高齢受刑者の1割強、認知症疑い 社会復帰へ対応模索

[有料会員限定]

刑務所に新たに入所した60歳以上の受刑者の1割強に認知症の疑いがあることが24日、法務省への取材で分かった。同省は刑務作業の軽減や出所後の福祉支援などの対策を進めるが、刑法犯に占める高齢者の割合は年々上昇。認知症などを患っていれば、社会復帰も簡単ではない。専門家は福祉施設に委ねるなど抜本的な対策の必要性を指摘する。

「認知症の方の発言は、否定から入るのではなく、受け入れるところから始めましょう」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン