/

この記事は会員限定です

ワクチン接種機会どう確保 英国は2回目最大12週後

[有料会員限定]

新型コロナウイルス向けワクチンは基本的に2回接種する。ただ全世界的な需要急増で十分な量を確保できない懸念も強い。海外では2回目の接種時期を遅らせたり、既に感染し回復した人に限り1回のみの接種を検討したりするなど、接種拡大に知恵を絞っている。

ワクチンを一定の間隔で2回接種するのは、病原体とたたかう免疫の働きが1回接種の場合より強まるからだ。長期の防御効果も期待できる。

「感染者は1回のワクチン接種...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン