/

この記事は会員限定です

緩和縮小の議論はいつ? FRBのジレンマ

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

金利を占う上で最も注目されるのは、米連邦準備理事会(FRB)の政策動向だ。しかし、パウエル議長は超金融緩和の出口論を封印している。拙速な緩和縮小のメッセージが、目先の市場混乱を呼び込むことへの警戒も強い。ただ本来なら、長い目でみた市場安定には正常化議論を早めに始める必要がある。過熱する株式市場と強まる米長期金利の上昇圧力のなか、薄氷を踏むような政策運営が続く。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン