/

この記事は会員限定です

脱炭素で企業選別 野村アセット、300社を評価

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

脱炭素の機運が高まるなか、投資家が企業の選別を強めている。野村アセットマネジメントは非財務情報だった企業の二酸化炭素(CO2)排出量をコストに換算し、財務情報に組み込んで投資判断に活用する。企業にとって、CO2排出の多寡が市場評価を左右しつつあり、日立製作所などが対策を急いでいる。

世界では脱炭素に取り組む企業へ投資マネーを誘導する動きが広がる。「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」は気候変動に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン