/

この記事は会員限定です

コロナワクチン承認、「日本人データ」で遅れ

[有料会員限定]

日本で承認された米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンは、海外の臨床試験(治験)で95%の予防効果を示したほか、同社製のワクチン接種で世界に先行するイスラエルでも効果が証明されつつある。日本での接種開始が欧米などに約2カ月遅れたのは、人種が異なると薬の効果に違いが出る可能性がある点を重視したためだ。

ファイザーが独ビオンテックと共同開発したワクチンは「メッセンジャーRNA(mRNA)」と呼ぶ新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン