/

この記事は会員限定です

「記事に対価」世界で圧力 対IT大手、米で団交法案

[有料会員限定]

米グーグルやフェイスブックなど巨大IT(情報技術)企業にメディア記事への適切な対価を払うよう促すルールづくりが世界で広がっている。欧州連合(EU)やオーストラリアは巨大ITとメディアが交渉する法的枠組みを整備した。米議会は中小メディアに団体交渉を認める新法成立を目指している。デジタル時代のニュース価値を巡る議論が本格化してきた。

「(グーグルやフェイスブックは)高い利益を上げる一方、ニュース会社は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1275文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン