/

この記事は会員限定です

衆院解散へ 自民党は、なぜいま派閥なのか

ニュース・エディター 丸谷浩史

[有料会員限定]

衆院解散・総選挙に臨む岸田文雄首相が敗北して退陣する事態を、ほとんどの自民党国会議員は想定していない。選挙を意識したとは思えない内閣の顔ぶれや、金融所得課税をはじめとする政策の具体論を先送りした事情から、首相自身も選挙後の続投を当然視している様子がうかがえる。

「派閥」が乱舞した自民党総裁選の状況とあわせて明らかになったのは、衆院への小選挙区導入の意図でもあった政権交代可能な二大政党制が機能しなけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン