/

この記事は会員限定です

格差是正は中銀の使命か FRB、禁断の領域に

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

中央銀行はどんな経済問題でも解決できるのか。ゼロ金利に張りつく金融政策の限界が意識されているはずなのに、次々と新しい役割を求められている。特に焦点が当たるのが格差是正。米連邦準備理事会(FRB)の新たな使命として浮上してきた。

民主党のバイデン前副大統領が勝利を確実にした米大統領選では、同党の政策綱領で「FRBの使命に人種の平等を加えることを支持」と明記されたことが市場や有識者らの間で騒ぎになっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2029文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません