/

コニカミノルタ、販促物のQRコードで顧客動向を分析

コニカミノルタは、QRコードを使った販促支援システム「Printバル」を6月2日から発売する。企業の販促物に印刷されたQRコードから、アクセスした顧客の情報を分析し、マーケティング支援につなげる。同社が印刷機を販売する印刷会社などに向けて提案する。

ダイレクトメール(DM)など印刷物を使った企業による販促は、顧客の反応を継続して追跡することが難しい。コニカミノルタのシステムでは、印刷会社が顧客ごとに異なるQRコードを印刷物に付与でき、顧客の動向をより深く分析できる。ウェブ上のメディアと同じように、いつ読み込んだか、ウェブ上でどのような行動をしているかといった情報を、販促に活用する。

印刷会社は、印刷物とデジタルマーケティングを組み合わせ、販促策の効率化などを提案できるようになる。コニカミノルタは、印刷機とシステムを合わせて販売し、印刷会社への導入を増やす考えだ。他社の印刷機でもシステムは使えるが、同社の印刷機を使用することで、検品などの作業工程を効率化できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン