/

この記事は会員限定です

レナサイエンス、開発中のコロナ薬  第一三共に優先交渉権

[有料会員限定]

東北大学発バイオ企業のレナサイエンス(東京・中央)は、開発中の新型コロナウイルス治療薬の新薬候補について第一三共に優先交渉権を与えるオプション契約を締結した。新薬候補は肺障害を抑える仕組みで、ウイルスの重症化を抑える効果を確かめる臨床試験(治験)を国内外で進めている。第一三共に呼吸器疾患領域での優先交渉権を与え、全世界での実用化を狙う。

新型コロナは重症化するとウイルスによる血栓や炎症が関係することが報告...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン