/

この記事は会員限定です

テスラがビットコイン購入 「決済」実現に危うさ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米電気自動車(EV)大手テスラが8日、代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインを15億ドル(約1600億円)購入したことが明らかになった。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)らシリコンバレー出身の起業家の相次ぐ参入にビットコイン市場は沸くが、テスラが掲げる「決済」の実現には危うさもある。

9日のビットコイン市場は「テスラ祭り」になった。調査会社コインデスクによれば、ビットコインの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン