/

この記事は会員限定です

新型コロナの病床不足 公立・民間の分業がカギ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で病床確保が急務となっている。未対応の病院の患者受け入れが期待されるが、約8割が未対応の民間病院は「経営的に厳しく、限界がある」という。専門家は「公立と民間病院の分業など医療資源の効率的な体制の見直しが必要」と指摘している。

新型コロナに対応する病床は昨年末で全国で計約2万7600床。一般病床と感染症病床(約2千床)の計約90万床の3%にとどまる。残りの97%の病床は他...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン