/

この記事は会員限定です

しなの鉄道がインパクト投資ファンド

消費電力削減の新型車両に充当

[有料会員限定]

第三セクターのしなの鉄道(長野県上田市)はクラウドファンディング大手のミュージックセキュリティーズ(東京・千代田)と組み、社会貢献に配慮して投資するインパクト投資ファンドを立ち上げる。消費電力を大幅削減できる新型車両の導入に資金を充てる。

14日から募集を始める。募集金額は5000万円で個人と法人双方から集める。クラウドファンディング手法は「投資型」と「購入型」を組み合わせる。投資型の期待利回りは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン