/

この記事は会員限定です

ワクチン接種の「菅モデル」 100万回と政局で勝負

ニュース・エディター 丸谷浩史

[有料会員限定]

「ワクチンに勝負をかける」と菅義偉首相が話すのを聞いた人は多い。

新型コロナウイルスのワクチン接種で最初に「1日100万回」を掲げたのは5月7日。積み上げた数字ではなく、閣僚や事務当局が「なかなか難しい」との見通しを示したのをさえぎって「俺はやる」と退路を断った。行き詰まっている部分があると聞くと、自ら電話で調整した。

結果として接種速度は加速し、職域接種は申し込みが殺到して一時停止の状態になった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン