/

この記事は会員限定です

アウティング訴訟の波紋 多様性浸透へ、大学・企業が模索

[有料会員限定]

同性愛者であることの暴露(アウティング)を「人格権の侵害」と認定した東京高裁判決が今月確定した。暴露された一橋大法科大学院の男子学生(当時25)が転落死した問題を巡る訴訟は4年前の提訴以降、大学や企業に波紋を広げた。性自認や性的指向への理解をいかに促すか。多様性を重視した環境づくりに向けた試行錯誤が続く。

「彼は自分だったかもしれない。暴露は死につながり得る恐怖だと痛感した」。LGBT(性的少数者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン