/

この記事は会員限定です

ICU本館(東京・三鷹)今を生きる戦前建築

[有料会員限定]

東京都三鷹市の国際基督教大学(ICU)は、広大で緑豊かな敷地で知られる。キャンパスの象徴的な建物「大学本館」の屋上の四隅には、見慣れない170センチ四方のコンクリート製の台がある。「戦闘機の来襲に備えた機銃台と思われます」と解説してくれたのは、地元の歴史に詳しい同大学高等学校教諭の高柳昌久さんだ。

大学本館はかつて、国内有数の航空機メーカー、中島飛行機が建設した三鷹研究所の設計本館だった。中島飛行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン