/

この記事は会員限定です

ワクチン接種1億回 米中が過半、日本出遅れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種回数が1日時点で世界で1億回を超えたことが日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズ(FT)の調査でわかった。接種は世界61カ国・地域で始まり、先行する米国と中国が全体の5割以上を占める。日本は主要7カ国(G7)のなかで唯一ワクチンを承認すらしておらず、接種格差が鮮明になってきた。

人口比あたりの接種回数トップはイスラエルやアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン