/

この記事は会員限定です

脱炭素で運用先選別 ゴールドマン「排出量25%減」基準

[有料会員限定]

世界の大手運用会社が投資先企業の二酸化炭素(CO2)の排出量や削減を運用に反映する仕組みを具体化させている。米運用大手ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)は運用の一部で企業のCO2排出量を経営上のリスクとして計量的に分析し、運用目標の指数平均比で25%以上少なくなるよう選別する。運用面から「脱炭素」投資の動きが加速しそうだ。

GSAMは昨年11月末から新しい仕組みの適用を始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン