/

この記事は会員限定です

ロングテール起業の強さ、アマゾンにも「圏外」はある

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

ブラックフライデーとサイバーマンデーを含む商戦で、米アマゾン・ドット・コムは大量の商品を売った。人工知能(AI)スピーカーやオバマ前米大統領の本が人気だが、アマゾンに出品する中小業者の販売の好調さが目立つ。

売れ筋だけでなくニッチなものもそろえニーズを細かく掘り起こす。販売量を縦軸、個々の商品を横軸にグラフを描くと、恐竜の長い尾のような形になるロングテール構造が強みを発揮している。

コロナ禍で通販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン