/

この記事は会員限定です

ゼロ金利より正常化が適切 金融緩和の功罪

櫻川昌哉・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○ゼロ金利では実質利子率押し下げられず
○国債や現金の膨張が金融緩和効果を阻害
日銀は1%の利上げと国債の海外売却を

連合艦隊司令長官の山本五十六は、日米戦争の見通しを問われて近衛文麿首相に答えた。「はじめ半年や1年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし2年、3年となっては、まったく確信は持てません」。山本には短期と長期の見通しの区別ができていた。

日銀は、2%のインフレ目標を掲げ、長期国債を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン