/

この記事は会員限定です

雲仙の大火砕流から30年、注目の火山災害「山体崩壊」

科学記者の目 編集委員 小玉祥司

[有料会員限定]

1991年6月3日に雲仙・普賢岳(長崎県)で発生した大火砕流にまきこまれて43人が犠牲になってから30年がすぎた。現地では噴火災害の記憶を伝えようとする活動が続く一方で、溶岩ドームの山体崩壊という新たな災害の危険も指摘されている。噴火時だけにとどまらない火山防災への取り組みも大切だ。

5月30日、雲仙・普賢岳のふもとに位置する長崎県島原市と南島原市で約3千人が参加する合同避難訓練が行われた。避難訓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン