/

この記事は会員限定です

供給網の綻び、混乱拡大招く 食料危機の行方

三石誠司・宮城大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○小麦減産で北アフリカ諸国の社会不安も
○トウモロコシや大豆は食肉生産を支える
○日本は広がりすぎた国際供給網の再考を

食料危機の声が聞かれ始めた。グテレス国連事務総長は5月、2億7600万人が深刻な食料不足に陥っていると指摘した。日本でも食料安全保障に関する関心が高まっている。本稿では穀物や植物油の原料となる油糧種子のフードシステムの観点から検討したい。

◇   ◇

農地の準備、施肥、播種(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン