/

この記事は会員限定です

中銀、脱炭素に積極関与を 気候変動対策と金融

白井さゆり・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○政府はグリーン金融の育成へ対策進めよ
○グリーン国債発行で環境債の指標提供を
日銀は社債やETF購入も環境を基準に

近年、環境課題の改善を支援するグリーンファイナンスが関心を集めている。産業革命前と比べた世界平均気温上昇を1.5度程度に抑制するために、2050年までに温暖化ガス排出量を正味ゼロに減らすには多額の資金が必要だ。国際エネルギー機関(IEA)の試算によれば、世界の年間投資額は30年まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン