/

この記事は会員限定です

「疑似・社用族」は戻らない コロナ後消費の要は私用族

編集委員 中村直文

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「あー、あー、領収書。落としてみせます領収書」。数年前に福岡・博多のスナックで耳にした替え歌の一節だ。なんとも景気のいいフレーズだが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出や宴会自粛で領収書を経費で落とす機会もすっかり減ってしまった。

ようやくワクチン接種も始まり、明るい材料も見えてきたが、果たして国内消費はコロナ以前に戻るのだろうか。観光やレジャー、外食、外出に伴う衣料品や雑貨などは一時的に急伸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン